院長プロフィール

院長:堀口貴司(ほりぐち たかし)プロフィール

出身地 奈良県生駒市
居住地 奈良県生駒市
生年月日 1984年12月9日
経歴 平成16年4月 東大阪市某鍼灸整骨院勤務
平成21年5月 奈良県でオレンジ鍼灸院開業
       扇町漢方クリニックで研修開始
平成25年8月 東大阪市にて心晴鍼灸院開業
保有国家資格 はり師・きゅう師免許
柔道整復師免許
趣味 キャンプ・釣り
家族構成 妻とこども3人
血液型 A型

自己紹介

当院のホームページをご覧頂きありがとうございます。東大阪市の布施で施術を行っている心晴鍼灸院の堀口と申します。

当院では伝統的な東洋医学の理論と手法を用い、長く患っている症状やどこへ行っても改善しない症状をお持ちの患者様の治療を行っております。

施術によって施術を受けられた患者様が元気になることで、その患者様の周りの方も笑顔になるようにと一本の鍼から広がる世界を楽しみに施術させて頂いております。

ストーリー

ここでは、私が治療家に至るまでヒストリーをご紹介致します。

治療家家系でもなく、ごく一般的な幼少期

昭和59年に奈良県生駒市で生まれ、幼少期は元気に友達と野山を駆け回って遊んでいた普通の子供でした。少し他の子とは違った点と言えば、年に数回高熱を出してはうなされ、悪夢を見ては大泣きしていた、よく肘の関節が亜脱臼を起こしていたと言うことぐらいでしょうか。

当時は母が寝たきりの祖母の介護に付きっきりで、私はいつも祖父と一緒にいましたから祖父に育てられたようなもの。ですが当時はそれほど寂しいとも感じず、祖父といることの方が楽しく感じていました。

今から考えてみれば、きっと寂しかったんでしょうね。その寂しさをこらえて、こらえて一気に発熱という形で発散していたんでしょう。また当時はまだ大きな病院へ行かないと整形外科がなく、整骨院の先生が骨折や脱臼を治していた時代ですから、私も肘を亜脱臼した時は整骨院に連れて行かれ、治してもらっていました。子どもながらに動かない肘がクリクリっと処置してもらったら、あっという間に動くようになるので、「すごいなぁ」と思っていました。

何度も何度も肘の亜脱臼を治してもらったので、整骨院へ行くことには全く抵抗がなくなり、小学生になっても突き指や捻挫をしては整骨院へ行って治してもらうというのが、私のごく普通な週間でした。小学生の低学年の頃でも一人で整骨院へ行っていましたからね。今のご時世、その年代で一人で通院するって子はほぼほぼいませんもんね。

鍼灸治療との出会い

そして鍼灸と初めて出会ったのが、中学2年生の時。当時はハンドボール部に所属して毎日練習の日々。夏休みなると練習量も増え膝が痛み出したので、例のごとく小さい頃からお世話になっている整骨院へ行ったのですが、お盆休みだったので違う鍼灸整骨院へ行ってみました。ここで初めて鍼治療を受け、翌日には治っているだろうと期待して練習をやってみましたが、「ん??痛いぞ。。。」期待したほど治っていませんでした。でも数日通ってみましたが、「う~ん。治らない。」という状態。そうしている間に元々通っていた整骨院の休みが明け、またそっちへ行ってみましたが、治らずという状態でした。その後膝は知らぬ間に治っていました。

鍼灸の養成学校での自己紹介でよく鍼灸師になられたきっかけは?というのがあるのですが、よくあるのが、治らなかった症状が鍼をしてもらって良くなったので興味を持ったというのがあるのですが、私の場合は治らないし、特段すげ~!!という印象もなかったのが、鍼灸との出会いでした。

そんなこんなで、中学・高校とハンドボールをやって過ごし、進路をどうしようか考えだした頃に、「スポーツに関わる仕事をしてみたい」と思うようになり、自分自身は選手になれるような技術もなかったので、選手をサポートするような仕事でトレーナーなんかできればいいなぁと考えるようになりました。そんなことを進路指導の先生に相談すると、「それならば国家資格を持っていた方がいい。鍼灸師とかね。」

鍼灸師ね~。治療を受けたことはあるけど、あんまり効かなかったなぁ。そんな印象を持ちながら、でも確かに国家資格は持っておいてよさそうだと、高校生ながら考え鍼灸専門学校へ入学しました。

本当の鍼灸治療とは

入学して最初に驚いたのは、東洋医学の考えを用いれば、鍼灸は筋肉や関節の痛みだけではなく、内臓の調子を整えたり、風邪も治せると言う事に非常に驚きました。驚いたと共にこれは面白いと思いました。

入学後に鍼灸整骨院でバイトをするようになり、毎日マッサージをする日々が始まりました。ここの院長先生は痛いところに鍼や灸をする手法の先生で、それを毎日見て勉強されて頂きましたが、これが本来の鍼灸治療か??と疑問を抱きながら、マッサージはトレーナーになった時に必要と思い、来る日も来る日もマッサージをしていました。

そんな日々が続き、東洋医学の面白さに惹かれ、東洋医学系の勉強会へ参加するようになり、その勉強会での先生方は身体の状態に合わせて、患部と違った場所に鍼をして痛みをとったり、可動域をよくしたりと私は鍼の面白さ、すごさを実感すると同時に、毎日のマッサージは意味があるのか??スポーツ選手でもこのような治療をすればコンディションは良くなるのではないかと思うようになり、日々の鍼灸整骨院でやっていることと、自分の考えとのギャップは大きくなっていくばかり。

この当時は自分がやっていることと、やりたいことのギャップが大きすぎて、今思えば非常に苦しん時期でしたね。

伝統的東洋医学の理論と技術の習得へ

次第に東洋医学的な鍼の手法を勉強していると、スポーツ選手だけではなく、より多くの方に鍼灸治療によって症状を治してもらいたいと思うようになり、本来の東洋医学的な手法で治療されている先生を紹介してほしい、と学校のキャリアセンターへ相談し紹介してもらったのが扇町漢方クリニックでした。

ここで幸運なことに拾って頂き、採用して頂きましたが、後々このクリニックの学術的な母体である鍼灸学術団体につながりの全くなかったのは、同期の中で私だけでした。本当に幸運でした。
このクリニックは、漢方と鍼灸を有機的に結び付け、診断から治療まで東洋医学の考えて行い、西洋医学的な鍼灸治療や投薬治療は全く行わない日本でも珍しい東洋医学専門のクリニックでした。ドクターの先生も鍼灸師の先生も個性ある方ばかりで非常に私にとっては楽しい時間の始まりでした。

ここのクリニックは、クリニック内の試験に受からないと鍼灸治療はさせてもらえないというシステムで、同期を切磋琢磨し、時には泊まり込みで勉強したり鍼の練習をしたりと非常に濃密な時間を過ごささせていただきました。

そして、クリニック内での試験にも合格し鍼灸治療をさせて頂くようになり、筋肉や関節の痛みを訴えられる方から、鬱病や不妊症、アトピー性皮膚炎など様々な症状をお持ちの方を診させて頂きました。

これこそ本当の鍼灸治療だ。私はそう確信しこのやり方でこれから治療していこう、このやり方なら多くの治らない症状をお持ちの方の良くなっていくだろうと考えるようなりました。

ご縁を頂き、開業へ

そして、ご縁があって現在の場所で開業させて頂きました。
現在の場所というのは、専門学校の頃から勤めていた鍼灸整骨院です。クリニックに勤務するようになってからも掛け持ちで勤めさせて頂き、ここの院長先生が閉院されることとなり、後を継ぎ、また東洋医学専門の鍼灸院として2013年8月に開院させて頂きました。

これからも多くの様々な症状で苦しんでおられる患者様を支えられるように、日々邁進していきます。

お一人の患者様が元気になり笑顔になれば、ご家族や会社の同僚の方もあなたへの心配が少なくなり笑顔が増えるでしょう。もしあなたのことが心配で不安げな顔をしていたご家族の方も笑顔になれば、またその笑顔でご家族の周囲の方も笑顔が増えるかもしれない。

一本の鍼から広がる家族円満、社会円満となるよう施術させていただきます。

06-6782-0855
ご予約・お問い合わせはこちら
PAGE TOP